老化現象が現れやすい手のシワを予防する3つのポイント

老化現象が現れやすい手のシワを予防する3つのポイント

なんだか最近手にシワが増えたような気がする、そんな悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

 

 

実は手というのは体の中でも老化現象が現れやすい部位であるといわれており、手にシワがあるだけで見た目年齢がかなり上がってしまうといわれています。

 

 

 

なぜ手に年齢が現れやすいのかというと、他の部位よりも皮膚が薄く、ダメージを受けやすい部位であるためです。例えば肌の大敵といえる紫外線によるダメージです。手先というのは他の部位と異なり常に露出していることが多いのですが、つい日焼け止めを塗り忘れてしまう部位でもあります。また、水に濡れる機会も多いというのもダメージを受けるきっかけとなります。

 

 

水に長い間触れている状態というのは肌にとって良くない状態であり、水が蒸発する際に肌の水分も一緒に蒸発してしまうなど乾燥しやすくなってしまうこともあるのです。

 

 

ではどのようにして手のシワ対策をすれば良いのかというと、やはり紫外線対策が重要となってきます。顔に塗るのと同じように、しっかり日焼け止めを塗ってあげましょう。顔などの日焼け対策には日傘が有効ですが、手の場合日傘の外に出てしまうことも少なくないため、可能ならばUVカット機能がついた手袋を着用するのも良いかと思います。

 

 

次に水に触れた後には手に水分が残らないようにしっかりと拭き取ってあげることも大切です。食器を洗うときには極力ゴム手袋を付けて肌への刺激を減らしたり、ぬるま湯を使うのも効果的です。なぜぬるま湯なのかというと、熱いお湯は皮脂などを落としてしまうことに繋がり、冷たい水だと皮膚絵の刺激となってしまうためです。

 

 

ハンドクリームを活用することも手のシワ対策には重要です。水仕事をした後や就寝前などなるべくまめに塗ってあげましょう。この際手の甲だけでなく、指先までしっかりと塗るようにします。また、添加物などで肌が荒れてしまう可能性があるという場合には、なるべく無添加で肌に優しいものを選んであげることも大切です。

 

 

年齢が出やすい部位だからこそ、しっかりケアをして若々しい手でありたいものですね。