代謝をアップして痩せやすい体にするMEC食ダイエットとは?

代謝をアップして痩せやすい体にするMEC食ダイエットとは?

ダイエットはうまくいっていますか?始めて見たものの大好物の肉を食べる事が出来ないので続かない。そんな人は少なくないですね。そこでお勧めのダイエットがあります。MEC食ダイエットです。

 

MEC食ダイエットとは

 

MはMeat,EはEgg、Cはcheeseの頭文字です。この頭文字を合わせてMECです。ちなみにメックと読みます。この3つの食材をたくさん食べる事により、筋肉が成長しやすい体を作り、代謝をアップして痩せやすい体にする事が目的です。1日にあたりの摂取量は肉が200g、卵が3個、チーズが120gです。肉の量を簡単にイメージすると牛ステーキ200gを毎日1枚ずつ食べても大丈夫という事になります。そして卵とチーズは肉だけでは不足する栄養素を補う事が目的なります。

 

30回ずつ噛む事が大事

 

MEC食ダイエットの大きな特徴で外す事ができないポイントに、一口に30回ずつ咀嚼する事があります。この事により満腹中枢が刺激を受けて少ない量でも満腹感を感じる事ができます。

 

糖質が多い穀物や果物、野菜は少なめに

 

糖質制限ダイエットと共通するポイントです。MEC食では肉や卵、チーズなどしか食べてはいけないのではなくて、ビタミンやミネラルも摂る事を目的にして少量の野菜を摂る事を推奨しています。ちなみにどうしても炭水化物を食べたい時には一番最後に持ってくるようにしてください。

 

食物繊維はたくさん摂り過ぎない

 

MEC食では食物繊維はたくさん摂り過ぎないようにする事が大事です。食物繊維を取らなくても便秘になる心配はないのか?と思うかもしれませんが、脂質をしっかりと摂取していたら、お通じは良くなりますから、心配ないです。

 

間食もしても大丈夫

 

MEC食では間食をしても問題ないとされています。しかし、糖質が高いケーキやビスケットなどはいけません。チーズをかじるのは大丈夫です。間食したいならチーズやナッツなどの糖質が低い食べ物を食べるようにしましょう。ダイエットを始めたら体重計に乗り自分の体の変化を確認しましょう。その事が自分のやる気に拍車をかける事に繋がるでしょう。

 

3つの食品を同時に食べる必要はあるのか?

 

卵とチーズを食する目的は肉だけでは不足しがちな栄養素を補充する事が目的になります。ですが3食同時に食べないといけないのかというとそんな事はありません。例えば朝飯に目玉焼きを食べる、昼飯にチーズハンバーグを食べる、晩飯にはホウレン草とベーコンの卵とじ、夜食にはチーズなど別々に食べてかまいません。大事な事は1日単位で規定量を摂る事ができるかどうかです。もちろん同時に食してもかまいません。MEC食ダイエットで痩せて理想の体を手に入れる事ができるでしょう。